高槻市教育委員会との闘いにもう一つの勝利が

7月 3, 2015

 

AET達のグループとの接触の中で組合は公共職業安定所に調査を依頼した。下された決定はわれわれの主張を認めるものである。高槻市が20年余に渡って法から逃れてきた末、8人全員のAET及びAET Supervisorは中央政府によって正式に労働者として認定されたのだ。

 

高槻市は近く、郵便で請求書を受け取ることになる。2年の遡及分も含めた保険料支払いの責任を負うのだ。

 

 

 

Related