NOVAの独立契約の真実 - #1 競争避止条項

独立契約と雇用契約の両方を提示されたら、あなたは独立契約の方が自由度が高い、と思うだろう。フリーランスとして自分の技量を誰にでも提供できると、素直に思うだろう。

だが、そうではない。


Novaの「独立」契約には、契約した講師が他社で一切授業を行ってはならない、とする競争避止条項が明確に含まれている。第1節第11条はこうある。 「契約者は、NOVAが書面で認可する場合を除き、契約期間中及び契約終了以後1年間は、NOVAの利益と競合する同一もしくは同種の仕事を行わない」。 皮肉なことに、NOVAの雇用契約にはそのような条項はない。NOVAの生徒の引き抜きを行わない限り、雇用契約を交わした講師は他の学校で非常勤として 働けるし、自分の個人レッスンを宣伝し行うこともできるのだ。

結局、「独立」ではない。

全ての講師とスタッフがいかにして公正な雇用を実現できるか、についての情報をお求めの方は changenova(@)generalunion.org の連絡を。述べたような独立契約をやめさせる集団訴訟に加わりませんか?

 

Additional information