ゼネラルユニオン、大阪外語専門学校の組合員に特別休暇を勝ち取る

大阪外語専門学校で働く1年契約の日本人教師達の中での関心の高まりを受けて、ゼネラルユニオンは興味深い交渉を行うことになった。

ゼネラルユニオンが大阪外語専門学校に支部を設立してから15年余りになるが、常勤の人々(教師、職員のいずれも)に与えられている特別休暇を要求することは考えたことがなかった。だが、一人の日本人組合員が独自に行った調査のおかげで、組合はこの特別休暇を要求することができたのだ。

続きを読む...

ストライキ: 大阪外語専門学校

2005年に日本外国語専門学校の伊勢理事長が文際学園の理事長となりました。伊勢理事長は大阪外語に突然やってきました。始めにしたことは、正職員と非正規職員の差別でした。

正職員には一年だけ月8000円の上乗せを行い、非正規の職員には行いませんでした。このことについて、2006年にゼネラルユニオンがストライキを行ったわけです。

続きを読む...

大阪外語専門学校支部 リストラとコマ増に,ストで勝利かちとる

◆非正規・外国人労働者の人権も,組合活動の権利も認めず  

東京南部でも「東京外語争議」が長期に闘われたように,専門学校業界は封建的で,独裁者のようなオーナー理事長が多い.大阪・天満橋に幾つかのキャンパスを持つ「文際学園・大阪外語専門学校」も例外でなく,特に,非正規労働者への差別が露骨で,昨秋「創立25周年特別賃上げ」が実施されたが,教職員の多くをしめる有期労働者は支給対象からさえ排除されてしまった.ゼネラルユニオンからの抗議への回答も,「本校の発展に貢献した正教職員の功に報いるために支給した.有期雇用職員を対象とすることは,その趣旨にそぐわない」というヒドイ蔑視であった.  

続きを読む...

大阪外語専門学校 不当労働行為救済申立書

2006年2月20日

大阪府労働委員会

会長 若林 正伸 様

申立人

所在地 大阪市北区天満1-6-8六甲天満ビル201

名 称 ゼネラルユニオン

代表者 委員長 山原 克二

労働組合法第7第1号・第3号違反について労働委員会規則第32条により次のとおり申し立てます.

 

続きを読む...

Additional information