ゲイの権利が職場で前進

兵庫県の医療施設で働くゲイの労働者は、同性のパートナーと養子縁組し「家族」とはなったが、異性間の結婚では対象とされる冠婚葬祭の福利厚生や特別休暇は与えられてこなかった。

そこでこの労働者は職場に働きかけ、その結果この4月から就業規則の内規の中の「結婚」の定義が変更され、現行の「法律婚」に「事実婚」と「同性婚」とが加えられる。

確かな一歩前進である。

 

 

 

Additional information