小中学校・高校/幼稚園

同志社―チェックオフ要求についての最終警告送付

同志社香里中学校・高等学校のゼネラルユニオン組合員は、学校側がチェックオフに同意することを求めてきている。組合費が組合員の給料から直接天引きされる制度である。

同志社はすでにこの制度を正職員全員については導入済みであるのだが、非正規であるゼネラルユニオン組合員には同じ権利を認めることを拒んでいる。これはゼネラルユニオン組合員に対する明確な差別であり、労働組合法に違反する行為である。

 

続きを読む...

高槻市へ:観念とけじめの勧め

2017年は全国的には穏やかな天候で始まった。だが、高槻市での闘いにとっては特別な新年となった。

高槻市と市教委とは2014年以来一貫して、AETの要求にも組合の要求にも、中央政府諸組織の決定にも頑なに背を向け、数百万円の税金を注ぎ込んで弁護士を雇い、「AETらとは確かに雇用契約書を結んできたが、あれは雇用の契約ではない」と言い続けてきた。

続きを読む...

論説:「派遣は安上がり」という神話

派遣会社(アルティアセントラル、インタラック、ジョイトーク、ハートコーポレーション等)が存在し続けている最も大きな論拠とされているのが、「教育委員会が直接雇用をするとあまりにお金がかかる」というものである。こうした主張の中には、「直接雇用はお金をたんまり持っている教育委員会だけができる贅沢だ」というものさえ見られる。そして、直接雇用は、高い費用に見合った力を持った、経験豊富で信頼できる教師にのみ相応しい、と。

続きを読む...

芦屋学園の労組共闘で、独裁=大八木理事長を解任

芦屋学園教員職員組合・ゼネラルユニオン芦屋学園支部は闘った。

 

芦屋大と中高などの芦屋学園では、元ラガーでタレントの大八木を理事長として招聘したことで、不正経理や公私混同が始まり、法人資産が流出し始めた。大八木は、それを内部告発した教頭らを脅迫したり、退職に追い込むなどの弾圧を拡大してきた。

続きを読む...

大阪CNETsが病欠に健康保険を使う権利を獲得

大阪市教育委員会の下で働く外国人英語教師によって構成されているゼネラルユニオンの支部・CNETsが小さな勝利を実現した。健康に問題がある教師が加入している健康保険にある傷病手当を請求する権利を、市教委に認めさせたのだ。

続きを読む...

どうする? 何を言う? 高槻市は

既報の通り、2016年10月14日付で大阪府労働委員会は、高槻市教育委員会が2015年3月19日に行われた高槻市立小学校の卒業式からAET組合員を排除したことは不当労働行為に当たる、として救済命令を出しました。

続きを読む...

台風10号と危険にさらされた教師達

2016年8月30日午後6時、台風10号は岩手県大船渡市に上陸した。台風が東北地方に上陸するのは1951年以来のことだった。

上陸までにやや勢力が弱まっていたとはいえ、台風10号は猛烈なレベルの台風で、最高時速111kmの強風と342mmの豪雨とでこの地域を襲ったのだ。

続きを読む...

大阪府労働委員会が「AET講師更新拒否事件」で高槻市の不当労働行為を認定

*事件の概要

高槻市は姉妹都市であるオーストラリア・トゥーンバ市から招いた講師を、1994年以降雇用しながら、公的保険や労基法を適用させず、教委幹部が所有する劣悪な住宅に強制入居させてきた。労組の支援で講師6人が転居したところ、市は全講師を首切りし、オーストラリアからの講師招聘そのものをを停止した。

続きを読む...

薫英高校:2017年度への要求

薫英女子高等学校で働く組合員は、2017年度への要求を提出した。

我々は早期に団体交渉を開催し、賃上げを実現しまた組合員が使用するコンピュータが学校によって手配された2015年のように、要求実現のために奮闘したいと思っている。

続きを読む...

ついに―レインボウ国際学校問題の顛末

ここ数か月間、ゼネラルユニオンはレインボウ国際学校の残業代未払いと有給休暇の問題について報告してきた(「まだあったレインボウ国際学校の残業代未払い:ゼネラルユニオンは更に追及する」参照)。

続きを読む...

サブカテゴリ

Additional information